結婚式の服装は男性にもマナーがあります

女性ほど細かいマナーはありませんが、男性の結婚式の服装マナーを紹介します。 覚えておくとワンランク上の男性になれます。

① スーツでもビジネススーツではない服装を
男性は仕事柄スーツを着用する方が多いと思いますが、結婚式に参列するときは、略礼服とも呼ばれるフォーマルスーツを着用しましょう。 一般的なフォーマルスーツは黒ですが、昼間の結婚式であれば黒に近い紺のフォーマルスーツも可能です。 白い無地のシャツを着用します。

② ネクタイやポケットチーフでおしゃれに
ネクタイは基本的に光沢のある白やシルバーまたは、淡い色合いのパステルカラーであれば問題はありませんが、黒は、避けましょう。 また、アニマル柄などの派手な柄やカジュアルなデザインは避け、上品で落ち着いた雰囲気の柄を選びましょう。 ポケットチーフでアクセントをつけるときは、色合いをネクタイと合わせてもおしゃれです。

③ 靴下や靴はスーツに合わせた色
靴下は椅子に座っても肌が見えない長さがベストです。 靴は、スーツに合わせたフォーマルな切り返しのデザインの紐または黒の革靴を選びましょう。 見えても恥ずかしくない細身のベルトがお勧めです。また、靴下、靴とベルトの色は統一しましょう。

一見すると同じに見えるフォーマルスーツとビジネススーツは、素材、デザインや色合いが異なります。 冠婚葬祭に着用する黒のフォーマルスーツをまだ持っていない方は、購入を検討してみてください。